Loading...
スマートフォン向けサイトに切り替える

脊柱管狭窄症について

spinalcanalstenosis_01

脊柱管狭窄症は、背骨部分を構成する椎骨や椎間板、黄色靱帯の内側にある脊髄の神経が通る脊柱管が狭くなることで起こります。


脊柱管狭窄症の原因と症状

spinalcanalstenosis_02

まず、脊柱管狭窄症の原因の多くは加齢です。実際、この病気は50代から少しずつ増え始め、60歳から70歳代に多く見られます。

さらに、仕事や病気で背骨が変形することで発症する場合もあります。

脊柱管狭窄症で出る主な症状は、お尻から足にかけての痛みやしびれ、足の脱力感や今までに感じたことのないような異常な感覚、排尿排便障害などがあります。そして、特徴的なのは、立っているときや歩いているときに症状が出る一方、座っているときはあまり痛みやしびれなどが出ないことです。

また、歩いてしばらくすると足にしびれや痛みが出てくるものの、少し休んだり腰を前にかがめると良くなる方が多いようです。

脊柱管狭窄症は、圧迫される箇所により症状の出方や重さが異なります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

spinalcanalstenosis_03

ある程度しびれが生じると、日常生活に支障をきたすことも考えられます。

当院ではまず患者様のお話を丁寧にお聞きした上で痛みや状態を見極めていき、その後詳しく診察し、痛みの原因を突き止めます。患者様それぞれの症状に合わせ、的確に治療いたしますので南行徳ひびき整骨院にお気軽にご相談ください。

お得なクーポン情報

施術料金はこちらから

お問い合わせ

line

line

院名 南行徳ひびき整骨院
住所 〒272-0138
千葉県市川市南行徳1-18-3稲毛マンション104
営業時間 平日
10:00~13:00/15:30~21:00
土曜・祝日
10:00~16:00
休診日 日曜日

Google Map

GoogleMap

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る